【2019年6月 申請10回目】はてなブログでアドセンス合格!「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」に対してやったこと。

4月からブログを始めて、最初の目標であった「Googleアドセンス」にようやく合格することが出来ました。

 

申請回数は10回!

 

アドセンス初申請から気づけば1か月が過ぎておりました・・・

 

不合格になる度に、アドセンス合格対策について書かれている新しいブログを見つけては「改善」を繰り返してきましたが、7回目の申請辺りからは新しいブログもなくなり何をどうすればいいのかわからなくなってしまいました。

 

それでもなんとか10回目の申請で合格することが出来、本当にほっとしております。

 

この記事は合格してから初めての記事となります。(こんなブログでも合格したんだと自信を持って頂けたらと思います)

 

これからアドセンス申請をされる方や私と同じ原因(コンテンツが存在しない)で悩まれている方のお役に少しでも立てれば幸いです。

 

f:id:pattin:20190627112335j:plain

 

 

 

初申請時のブログの状態

記事数:30記事

文字数:1000~1500文字

ジャンル:雑記

カテゴリ:5

プライバシーポリシー:あり

お問い合わせ:あり

サイトマップ:あり

アナリティクス:あり

サーチコンソール:あり

 

当時は30記事は書かないと申請出来ないくらいに思っており、ほぼ毎日ブログを更新しておりました。(後述しますが、この30記事にこだわったことが長い不合格生活の発端になったと感じております)

 

30記事目を書き終えたあとすぐに1回目の申請を行いました。

 

初申請で審査不能

意気揚々と初申請をしましたが、なんと・・・

 

「お客様のサイトにリーチできません」 

 

なるお言葉を頂きました。

 

リーチ?(麻雀??)・・・どうしたらいいのか。

 

再びGoogleで「お客様のサイトにリーチできません」を検索。

 

どうやら私が使っているはてなブログでの登録は「www.」が付いていることが問題であることが発覚。(諸先輩方から「ワードプレスがいいよ」と散々言われていたのにはてなブログに登録してしまったことを若干悔やんでおりました)

 

解決策は必ずあるはずとGoogleで散策!

 

お名前.comなら簡単に出来ることが発覚。

ただし、私がドメインを取得したところはバリュードメイン」。

 

諦めないで再度散策。

 

ありました!!

 

www.works4life.jp

 

これでしっかりとwww.なしでもちゃんと表示されるようになりました。

 

先人は本当にすごいと思います。感謝しかありません!

早速、初申請をいたしました。

 

結果は

「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」

というお断りが・・・

 

見事に玉砕いたしましたが、初申請の時はそれほどダメージは受けておりませんでした。

 

次は受かるでしょ!

 

と気楽に考えておりました。

 

これから始まる長い改善の日々が訪れるのを知らずに・・・

 

不合格1回目から6回目までにやったこと

申請2回目

一度不合格になったことで若干気楽になったこともあり、原因究明に努めました。

 

見直したことは2点

アドセンスプログラムポリシーに違反していないか

・自分のブログ内に似たような記事はないか

 

・・・ありました。

 

2番目の項目が30記事中16記事ほど・・・

 

非常に恥ずかしいことですが書かせて頂きます。

 

漫画形式の記事が非常に多かった

 

ことに気付きました。どういうことかと言いますと

 

「〇〇が良い!その1」

 

のようなシリーズものばかりでした。

 

今でこそ思うのですが、同じシチュエーションで紹介するなら一つの記事にすることが見ている人にとって親切ですし、読む価値があります。

 

ただ毎日記事を書かなければいけないという思いから、一つにまとめれる記事を何作にも分けて書いてしまっておりました。

 

更に!!

 

1000文字以上を意識しすぎるあまり、途中から単なる日記(~に行きました!〜食べました!)になっている記事も発見・・・

 

これでは「価値の低い」も納得です。

 

シリーズ物は一つにまとめ、日記物は削除した結果!!残った記事数は

 

8記事・・・

 

致し方無い。改善は出来たはずなので2回目の申請。結果は

 

不合格「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」

 

 申請3回目

全ての記事の始まり方が「こんにちは」であったため、これが似たような記事ととられているのかと思い改善。

 

不合格「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」

 

申請4回目

YMYLに引っ掛かっているかもしれない記事を発見(健康診断の記事)。

下書きに戻し、新たに1記事追加。

 

不合格「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」

 

申請5回目

ある書籍と出会う。

 

 

内容もわかりやすく、落ちかけていたモチベーションが一気に持ち直しました。本当に早くアドセンスに合格したいと強く思い、気づいた点を即改善。

 

・今までは見出しすら載せていなかったので、見出しを入れた

・参考サイト、引用リンクを必ず入れた

 

申請!

 

正直なところ、これは受かったなと思っておりましたが・・・

 

不合格「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」

 

申請6回目

 再度公開している記事が全てインデックス登録されているかを確認。

 

Googleサーチコンソールにて申請。site:自身のURL にて登録がされていることを確認。その時、登録されている記事数が公開数よりも多いことに気付きました。原因は

 

下書きに戻した記事がインデックス登録されている!しかも全て削除したカテゴリページも登録が残っていた。

 

この作業が意外にも大変でして

前述しましたが、記事数30にこだわったことにより削除作業に丸一日かかりました。

 

 翌日には全て削除されていることが確認出来ましたので申請。

 

不合格「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」

 

完全に行き詰まりました。これ以上どうすれば良いのか見当もつかなくなってしまいました。

 

不合格9回目の時に気付いた違和感と10回目の申請

申請7回目はそのままで、8回目は1記事追加して申請。(インデックス登録済み)

 

不合格「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」

 

申請9回目は何も変えずに申請・・・もちろん

 

 

不合格「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」

 

終わった・・・という気持ちになりました。

 

たまりにたまったGoogleからの不合格通知を見ていましたら・・・ふと気づきました。

 

6回目の申請までは不合格通知が早くても翌日、長い時で5日ほどかかっていたものが7回目以降は5時間以内に不合格通知が送られてきておりました。

 

恐らくですが自動的に不合格通知が送られているのでは?と思い、Googleサーチコンソールを確認しました。

 

サイトマップの更新を実施

 

 

参考サイト

www.howtonote.jp

 

申請10回目

 

ついに!あの言葉が!!

 

おめでとう!

 

諦めないで本当によかった。

 

まとめ

私が合格した時のブログの状態

記事数:10記事

文字数:1200~2000文字

ジャンル:雑記

カテゴリ:2

プライバシーポリシー:あり

お問い合わせ:あり

サイトマップ:あり

アナリティクス:あり

サーチコンソール:あり

 

昨年末よりGoogleアドセンス合格が難しくなったと言われております。

今になっては私が当初こだわっていたことはそれほど重要ではなかったのではと感じております。逆にこれはやったことによって受かったのだろうと感じる部分もありますので紹介させて頂きます。

 

あまり重要ではないこと

・記事数(10記事程で私も受かっている為)

 

・申請に2週間ほどあける(不合格通知から即送っておりました)

 

・申請時にも記事を追加する(6月に入ってからの追加記事は1つのみ。前後1週間以上、記事の追加をしていないが受かった為)

 

重要だと感じたこと

・見やすくわかりやすいことを心がける(見出しをつける、参考サイト、引用リンクを活用)

 

・文字数1000以上(なかなか1000文字以下では伝えたいことをまとめるのが難しい為)

 

・早い段階で申請を行う(30記事まで書いてしまうとどれが原因かがわからない上に、削除にもかなりの工数がかかる為)

 

・インデックス登録が出来ているかを確認(site:自身のURL で公開数と一致しているかを確認)

 

・プライバシーポリシー違反はないかを確認

 

私はほぼ1か月記事の追加もままならないほど、必死に合格のためブログの改善をいたしました。

 

Googleアドセンスにはこうやれば必ず合格するという完全マニュアルはありません。また、不合格通知にも詳しい内容は書かれていないため私のような初心者はどうすればよいかわからず右往左往してしまいました。

 

この記事が「価値の低い広告枠(コンテンツが存在しない)」で悩まれている方や、これから申請をしようと考えられている方のお役に少しでも立てれば幸いです。